剪定について

剪定について

あじさいっていろんな色が合って素敵ですよね。
白もあればピンクや紫、そして青などあります。土の成分によって色がかわるとか変わらないとか・・・。実際の所どうなんでしょうか?

 

うちの庭にはいろんな色が咲くので・・・・近くなのに色が違うのでそのエリアで土が酸性だったりアルカリ性だったりって変わるのかがわからないなぁ。難しいよぉ。

 

そうそう植物は剪定が必要なんです・・・・ってわかっていたのに我が家のあじさいさんをほったらかしにしてしてしまった私。
実はアジサイは、2回剪定ポイントがあります。1回目は花が終わった7月頃で、花が咲いたすぐ下でカットしますそうすることで負担を減らします。
次に行う剪定は、2-3月で間引きの剪定をします。ここで切ってあげることによって花芽に栄養が集中していい花が咲くようになります。
で今から冬の剪定をしてあげたいと思います。

 

剪定1 剪定2
最初はこんな感じにほったらかしでしたが・・・・ここまでさっぱり切りました。見づらいかもしれませんが、少し芽が出てきています。またずっとほったらかしだったため、すでに枯れていた木もたくさんあって、そういったものは触るだけですぐに折れてしまうので、それも撮ってあげることによりさっぱりするのであった。

 

剪定3 剪定4

 

もう一株あるアジサイです。こちらはやや小さ目の株です。こちらも枯れていた不要な木を取り除き芽が出ているものを中心に残しつつ剪定しました。

 

これで今年の梅雨に素敵なアジサイを咲かしてくれることを祈っています。

関連ページ

植物を増やそう
色々育てていくとどんどん増やしていきたいと思うよね。私もそうです。現在、あじさいとローズマリーを挿し木しています。
元肥と追肥や水の与え方
栽培を開始する前に肥料を与えることを元肥で、栽培途中で肥料を追加することを追肥といいます。
骨盤と肋骨の位置が近いとくびれができない!?
女性らしいくびれたボディラインはセクシーで憧れますよね。あこがれのくびれに出会えないまま・・・今年も薄着の季節がやってきました。
バラを育てたい
バラって素敵ですよね。香りもそうだし、いろんな種類や色もあって・・・大輪を咲かす。そんなバラを庭で育ててミニミニバラ園を作るのが夢なんです。
オシャレに庭を飾り付けよう!
やはりガーデニングのだいご味は素敵な庭にすること。こんな感じにレンガを使ったりして花壇を作ったり・・・・
まずはガーデニングの基礎知識をつけよう
ただ植物を植えるだけだと・・・枯れたり根腐れ起こしたりするよね。あとは見た目の問題も出てくるし、剪定方法なんかもいろいろあるよね。

ホーム RSS購読 サイトマップ